最近気になるMonaca

Monacaとは

HTML5を使ったクロスプラットフォームの開発ツール。昔、AndroidとiOS用のクロスプラットフォームのTitaniumという開発ツールを使ったことがあったけど、コンパイルに時間はかかるし、Androidでは使えない部品があって、痛い目にあったことがあった。しかも実機にプログラムを転送するのに一分以上待ったうえに、JavaScriptの構文エラーだったり、変数の名前を間違えたという感じで、いちいち細かい修正に時間がかかった苦い思い出がある。そんなわけで、僕はクロスプラットフォームをあんまり信用していない。

Monacaはその点、基本的にWebアプリケーションみたいな動作をするみたい。ブラウザ上で動作するのをアプリのように見せかけて動かす感じ。でも、ただのブラウザアプリでは、ファイル操作とかセンサ情報の取得ができない。Monacaは、その辺をフレームワークで処理して、ブラウザアプリから操作できるようにしてあるみたい。

今まで、Webアプリを作成してきた人たちには、Object CとかJavaとかを覚える必要もなく、HTMLとCSSとJavaScriptだけでモバイルアプリを手軽に作成できる。TitaniumもJavaScriptだったんだけど重かったなぁ。Monacaはどうなんだろう?

Monacaを試してみる

https://ja.monaca.io/cloud.html

から、[今すぐ試す(無料)]でアカウントを作成して、すぐにアプリ開発に移れるみたい。

そして、やってみるとWebブラウザ上からプロジェクトを作成してコーディングし、実機への転送までできる!!
いったいどうなってるんだ??。そんな感じの第一印象。時代は変わったなぁ。

http://yoshi.esy.es/wp-content/uploads/2015/06/monaca2.png

今度、Monacaのさわりの部分を記事にしてみたい。

実際使った感じとか、ライセンスの関係とか、今後開発に使えるかどうかはもう少し検討してみる価値があると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">